イタリア

近年人気が高まっている本革ボディバッグ(片掛けショルダー)。

ビジネス用途で活用している人が増加中!

  1. イタリアンレザー財布
  2. 本物志向のイタリアレザー仕様「ボディバッグ・片掛ショルダーバッグ」特集

近年、新しいビジネススタイルに応じて、人気を高めているメンズバッグ「本革ボディバッグ・片掛ショルダーバッグ」。

片掛けショルターバッグ

IT関連業種が基幹産業のひとつとなってきたことにより、カジュアルスタイルでの就業を取り入れている企業も多くなってきました。 ビジネスシーンにおいて、”スーツスタイル””ワークスタイル(作業着)”に”カジュアルスタイル”が加わるようになった わけです。

また、社会的にも健康志向という要素が注目を受けるようになる中、「自転車通勤」をする方も増えることとなりました。もちろん、 通勤に限らず、スポーティーに自転車を愛用する方も増加傾向となっています。

そんなライフスタイルの変遷に伴って、近年ビジネスバッグとしても人気を高めているのが『本革仕様のボディバッグ』です。 ”片掛けショルダーバッグ”と呼ばれるバッグで、たすき掛けする形で使用するのがベースとなります。 ひと昔前に流行の波があり、現在も、利用者が多い”リュック(バックパック)”は、デザイン的にもカジュアルな印象が強いため ビジネスシーンで活用されることは、少ないのが現状となっています。

対して、ボディバッグも昔はナイロン素材などで作られた、カジュアル&スポーティーなバッグアイテムとしての位置づけでした。 しかし近年、人気を高めているのが、上質な本革素材で創作されたボディバッグであり、本物志向を感じさせてくれる本革仕様 となっています。カジュアルスタイルのファッションでありながら、ビジネスシーンという情景に上手く適したイメージを 有するメンズバッグとなることから、高い支持を得ることに繋がっているものと感じています。

一点豪華主義を彩る上質イタリアレザー仕様の片掛ショルダーバッグ。

ファッションスタイルにこだわりを有している男性の場合、スーツスタイルにおいては、「スーツ」がこだわり(品質、デザイン、ブランド) の対象となっています。ただ、カジュアルスタイルにおいては、もちろん、服装のコーディネイトなどにこだわりを表現する こととなりますが、”スーツ”ほどブランドや品質(高価)にこだわりが表れることはなさそうですよね。

その分、ビジネスシーンでのカジュアルスタイルにおいては、”一点豪華主義”という要素を取り入れている方が多いように感じてい ます。そんな対象要素となるのが「財布」「バッグ」というアイテムなのです。

片掛けショルダーバッグに関しても、現在最も人気を得ているのが、上質なイタリアレザー仕様の片掛けショルダーバッグです。 詳しいことはわからなくとも、多くの方が”イタリアレザー”に対する良き印象を有しているのでしょうね。 イタリアレザーといっても、多様な種類が存在しており、それぞれ個性的な魅力を有しています。「華やかさ」「美しい艶感」 「上品さ」「滑らかさ」など自分好みの革風情を選ぶことが出来るのも、魅力の要素となっているのかもしれません。

イタリアンレザー情報CONTENTS!(関連記事)

イタリアンレザー財布特集!「風情の異なる革表情」(TOP)
イタリアンレザーバッグ特集!「本物志向のビジネスバッグ&トートバッグ」
イタリンアレザーのベルト&ブレスレット特集!
イタリアンレザー名刺入れ特集!「経年変化の美しいカードケース」
イタリアレザーとは!イタリアンレザーの特性と魅力。
本物志向のイタリアレザー仕様「ボディバッグ・片掛ショルダーバッグ」特集

風情の異なる各種イタリアンレザー仕様財布CONTENTS!(関連記事)

おすすめの本物志向イタリアレザー仕様ボディバッグ(片掛けショルダー)情報!

イタリアレザーにも多様な種類が存在しています。そんなイタリアレザーの多様性を加味しつつ、販売実績や機能性などを踏まえた上 で、おすすめのイタリアレザー仕様ボディバッグ(片掛ショルダーバッグ)を厳選。ランキング形式(おすすめの順番)で ご紹介したいと思います。

1)艶感の美しい革風情。イタリアオイルレザー仕様の片掛ショルダー「マルティーニ・アーバンショルダー」

ボディバッグ

イタリア伝統的な革製法(パケッタ製法)によって創出されるイタリアオイルレザーのひとつが”ミネルバボックス”。 そんなミネルバボックス仕様の本格的片掛ショルダーバッグが「マルティーニ・アーバンショルダー」です。

本物志向を感じさせてくれる革の素材感と美しい艶感が魅力に。本革仕様(イタリアオイルレザー仕様)であること を十二分に楽しませてくれるところが、最大の人気ポイントとなっているものと感じています。

イタリアオイルレザーならではの質感が最も良く表れていることと、実際に販売実績がとても高い(販売数が増加傾向となっている) ことが、おすすめNO.1となった要因です。日本の革職人が丹精込めて創作しているアイテムであり、再入荷待ち(売り切れ)と なっている期間も多く、購入タイミングが難しいのが課題となりますでしょうか。

*素材:ミネルバボックス(イタリアオイルレザー)
*色彩:オールドブラック、ブランデー、ビターチョコ
*サイズ:【縦】41cm×【横】18cm×【マチ】5.5cm
*価格:¥98,000円(税込)

イタリアオイルレザー仕様の片掛ショルダー「マルティーニ・アーバンショルダー」の詳細・購入はこちら。(公式SHOP)

2)軽量感とスタイリュッジュさが魅力!異なるイタリアカーフ仕様の片掛ショルダー「ドルチェード・ボディショルダー」

ボディバッグ

こちらは、異なる2つのカーフレザー”ラドムカーフ”と”マットーネ”のコラボにて創作されている片掛ショルダーバッグ 「ドルチェード・ボディショルダー」です。

まだ、誕生して間もないアイテムなため、販売数は、これからの期待となりますが、なんといっても最大の魅力となるのが 「軽量さ」と「水付着への強さ」という2つの機能性要素を有していることです。

”ラドムカーフ”は、ジャケット・革手袋などに使用されているソフトラム(羊革)と同じ手法によって創作された革素材で、 柔らかく吸い付くような手触り感が特徴となっています。ソフトラム同様に本革素材としては、とても軽量な革素材に。

また、一般的な革素材は「水の付着に対する弱さ」を有しているのですが、ラドムカーフは、一般的な革素材と比較して 水の付着に対する強さを有しているのが大きなアドバンテージ要素となっているのです。

自転車通勤などを念頭とすると突然の雨に対して、水付着の対抗性を有していることは心強い機能性となりますからね。 この効果的な革素材特性(機能性)とスタイリッシュなデザイン性を重視して、おすすめNO.2と位置づけさせていただきました。

*素材:ラドムカーフ(イタリアカーフレザー)&マットーネ(イタリアオイルカーフ)
*色彩:シャトル(グレー)、フュエル(ブラウン)
*サイズ:【縦】34cm×【横】18.5cm×【マチ】6.5cm
*価格:¥86,000円(税込)

異なるイタリアカーフ仕様の片掛ショルダー「ドルチェード・ボディショルダー」の詳細・購入はこちら。(公式SHOP)

master-piece マスターピース!キップレザー仕様ボディバッグ。

ボディバッグ

”master-piece(マスターピース)”は、1994年に誕生したMADE IN JAPANのバッグブランド。 こちらは、そんなmaster-piece マスターピースが手がけた、キップレザー仕様ボディバッグです。

キップレザーは成牛から採取される最もベーシックな牛革素材。自然味溢れる革素材ならではの素朴さと堅牢さを有しています。 流通量は比較的多い革素材ということもあり、日本の革職人が仕立てた本革バッグながら、お買い求めやすい価格となっているのが 魅力の要素となっています。

革の素材感と価格バランスという要素が最大のおすすめポイントと考え、NO.3に位置づけさせていただきました。

*素材:キップレザー(イタリアレザー)
*色彩:ブラック、ネイビー、キャメル
*サイズ:【縦】40cm×【横】18cm×【マチ】10cm
*価格:¥30,240円(税込)

キップレザー仕様ボディバッグの詳細・購入はこちら。(公式SHOP)

イタリアンレザー(ITARY LEATHER)CONTENTS!